過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

自己破産は司法書士に相談できる?個人再生は?

自己破産は弁護士に相談をするのが一般的ですが、司法書士にも相談をすることが可能です。ただし、代理人となってもらうには借金の金額が140万円以下でなくてはなりません。個人再生については、140万円以下の借金を個人再生するメリットはあまりないので、司法書士に依頼するケースはほとんどないかもしれません。140万円以下の借金なら、任意整理をするケースがほとんどになるでしょう。

自己破産でないと解決できないようなケースでは仕方がないですが、任意整理で解決してしまえるならばそのほうがよいでしょう。なるべく早い段階で相談をするようにしましょう。

自己破産の恐怖より、早く復権を

自己破産と聞くと暗いイメージがつきまといます。確かに債権を完済出来ない訳ですから、また社会で生きる一人の人間として約束を守れなかった訳ですから決して褒められるものではありません。しかし借金をゼロにして新たなスタートし再チャレンジできる機会を法律で認められているものです。

借金でお悩みの方は一刻も早く専門家に借金相談をしてベストな解決策を執るのが自分のためご家族のためにも良いことです。自己破産の場合弁護士等に相談し、裁判所で尋問を受けるとたいていの場合1ヶ月程度で自己破産が確定します。その時点で復権を得ることになります。官報に掲載されますがほぼ誰にも知られず手続きは完了します。勇気をもってまずは専門家に相談しましょう。

個人再生する場合の退職金の扱い

個人再生を行う場合、退職金も財産の一部として扱われます。具体的には、個人再生を申し入れする際の退職金受け取り見込み額の8分の1が財産として計上されます。その金額によって、再生計画上の返済額が増大することにもなりますので、注意が必要です。

裁判所によっても、その取扱いや運用が若干異なることがあるようですので、事前に管轄となる裁判所によく問い合わせておくと良いでしょう。個人再生は、自己破産とは違って、現在自分が保持している財産や資産をある程度守ることが可能ですから、自己破産をする前に、検討してみる価値はあるでしょう。

自己破産の借金相談の結果、民事再生になることもある

自己破産の借金相談をする人は多いですが、相談をした結果、民事再生や任意整理になることもあります。自己破産をすると借金はゼロになりますが、原則として資産をすべて失うことや、長い間ブラックリストにのってしまうことなど、大きなデメリットもあります。

借金相談の結果、民事再生になる人の特徴としては、借金の金額が大きく、マイホームを残したい人となるでしょう。マイホームに限らず、土地などの失いたくない資産を持っている人は、資産を没収されない方法をとる必要があります。ただし、自己破産のように借金をゼロにできるわけではないので、安定した収入があるという条件を満たしている必要があります。

自己破産の際にかかる弁護士の依頼費用はいくら

自己破産することになり、弁護士を依頼しなくてはいけないケースが生じる可能性が少なからずあると思われます。そうなった場合に問題となるのが依頼費用になります。安く抑えたい気持ちは十分理解できますが、1番重要なのは問題をスムーズに解決することなので、多少の費用は許容するようにしてください。

相場と比較して明らかに安いところを安易に選ぶのは避けたほうがいいです。何か安い理由があると疑うべきです。また、借金問題と得意としている弁護士に依頼するようにしてください。得意な分野と不得意な分野があるので、確認した上で選ぶべきです。

任意整理と自己破産の違い

多額の借金を抱える方や、複数の借入先から借り入れを行っている方にとって、完全に返済を目指す事は困難なものとなります。借金返済のための手立てを考える対策の一つに債務整理が存在します。

中でも任意整理を行う事により、違反となる利息金額分が減らされたり、過払い金の請求によって返済金額が少なくなったりすることもあります。また、任意整理や他の方法を行っても返済を完了させることができない場合には、自己破産が適用される場合もあります。一定の財産を手放す必要がある反面、借金の苦しみから逃れる事ができるようになります。

大阪司法書士会

HP

〒540-0019 大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る