過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

自己破産の際の司法書士への報酬の支払い

自己破産の問題に詳しい弁護士や司法書士の役割については、今や様々な立場の人々からの注目が集まっています。特に、大手の法律事務所においては、色々な報酬の支払い方法が用意されているため、経済的に困窮している人にとっても、速やかに対応を取ることが可能となります。

人気の高い法律事務所では、優秀な経験を持つ弁護士や司法書士による相談体制がきちんと用意されているため、今や幅広い年代の人々からのニーズが高まりつつあります。もしも、依頼先の選び方についてわからないことがあれば、利用者の口コミを参考にすることが有効です。

自己破産や特定調停などの債務整理の制度

借金に関しての悩みというものはなかなか他人に相談をすることができず、自分ひとりで悩みを抱え込んでしまいがちです。しかし、いくら自分ひとりで思い悩んだとしても借金の金額が減るわけではありませんし、借金そのものがゼロになるわけでもありません。そのため、借金の返済に行き詰まりを感じたときには弁護士や司法書士に一度借金相談をすることが大事です。

借金を整理するための債務整理の手続きの方法には自己破産や特定調停など、いくつかの種類があります。とりわけ借金の金額が多いという人の場合、自己破産の手続きをして借金を整理する方法が最適です。

個人再生をする場合の消滅時効について

債権は、一定期間を経過すると、時効になって消滅してしまいますが、このことを債権の消滅時効と言います。そして、個人再生では、消滅時効の援用をすることで借金の返済義務を消滅させることが可能です。

個人再生をすることで、このような方法を利用して債務を減額させ、それを3~5年の長期間にわたる返済計画のもとに計画的に返済していくことで、自己破産を回避することが可能になります。自己破産することの数々のデメリットを考えると、財産や資産も守ることが出来る個人再生をなるべく活用していった方が良いのではないでしょうか。

破産者に自己破産と借金相談の話を聞く長所と短所

破産者に自己破産と借金相談の話を聞くと、色々な経験談を聞くことができる、興味深いと感じるなどの長所が存在します。過去に自己破産を経験したことがあることから、参考になると同時に、興味深いと感じてもおかしくないです。

特に破産した経験の話は、滅多に情報として出てこない内容なので、ずっと話を聞いていたくなるはずです。ただ、あまりしつこく質問するのは失礼なので、控えたほうが無難です。

短所は借金相談をしても、解決しにくいことです。話を聞くことはできますが、解決するには自身の力で何とかする必要があります。ただ、破産者の話は、経験に富んだ内容なので何らかの参考になります。

自己破産申請すると弁護士の職業に就けなくなる?

弁護士とは司法試験に合格して国家資格を得て、弁護士として登録された人のことをいいます。法律の専門家で、依頼人の法律に関するトラブルを解決するサポートをしたり、裁判時に代理人となったりします。自己破産の申請をすると、破産手続き開始決定から免責許可の決定がなされるまでの間、就くことのできない職業があります。

弁護士もその1つです。ただし、資格の制限はその間の期間だけなので免責が決定してしまえばその制限はなくなります。ですから、自己破産したからといって一生その職業に就くことができなくなるわけではありません。

自己破産や任意整理の依頼費用について

債務整理の自己破産や任意整理を依頼する時も費用はかかるものです。これは、依頼先によっても金額が違うため、ある程度の相場を知っておくことが大切です。それには、日弁連や日本司法書士会連合会のホームページに掲載されていますから、事前に情報を得ておくと良いでしょう。

自己破産をしたからといっても、仕事につけばその収入は、差し押さえられるものではありません。もし収入が少なくて、依頼費用がすぐに払えない場合は、民事法律扶助という制度を利用すれば、一時的に立て替えてくれる方法があります。あくまでも立て替えですから、確実に返さなければいけません。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る