過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

司法書士に依頼した場合の自己破産とブラックリストの関係

自己破産の申請は、弁護士だけではなく司法書士に依頼することもできます。個人レベルの債務整理の場合には、どちらに依頼しても大きな違いはありません。いずれにしても経験豊富な専門家に依頼することが重要です。

また、自己破産が認定され免責が下りてから、どのくらいの期間ブラックリストに記録が残るのでしょうか。ブラックリストとは、個人信用情報のことですが、通常は5~7年で記録は削除されるのですが、自己破産の場合には官報情報が10年間残ることから、一般的には5~10年と考えられています。

基本的に、その間は新しくクレジットカードやカードローンを新規に作成することは難しくなります。

破産後の司法書士のサポート

自己破産を考えている日本人は、ここ数年のうちに急増しており、様々な経済的な悩みを解決するために、すぐに司法書士などの専門家に相談をすることがとても大事です。 また、借金相談の対応が優れている司法書士の選び方については、ネット上でしばしばピックアップされることがあるため、過払い金の問題に取り組むうえで、しっかりと依頼先のシステムの特徴を理解することが良いでしょう。

その他、破産後のサポートが徹底している法律事務所のみ決め方をマスターするために、複数のクライアントの感想を聞き入れることが望ましいといえます。

多重債務を解決する方法!病気でも過払い請求は可能

多重債務を抱えたまま病気になってしまうと、かなり大変な状況になります。任意整理をするためには一定の収入があるということが重要になりますので、収入がなくなっている状況では、自己破産しか選択肢がないかもしれません。

しかし、過払い請求なら、払いすぎたお金を返してもらう手続きになりますので、収入がゼロであっても請求ができます。病気の人にとって、借金は大きな負担になることがありますので、過払い金がある場合には、早めに手続きをして、返還をしてもらいましょう。個人で請求するとかなり悪い条件での和解になる傾向があるので、弁護士などに相談をするのが一番です。

借金相談をして自己破産の対応をしてもらいましょう

借金が想像以上ににかさんでしまって、どのように返済していけば良いか分からないことがあります。そうなってしまった場合には、自己破産を弁護士に依頼してください。または、司法書士でも借金の整理をすることが可能です。

まずは、司法書士や弁護士に相談をして、あなたの借金がどのように変わるのかを確認してください。自己破産の対応をしてくれる専門家もいますので、気軽に借金相談をしましょう。まずは最寄の法律事務所を探して、信頼できる法律家を見つけることができます。ホームページをよく読めば、評判を確かめることができるのです。

弁護士と自己破産の理由について

自己破産は、借金の返済ができない場合、生活を立て直すための再スタートを決める手段となります。しかし、自己破産の理由が、裁判所で認められなければ自己破産できません。大切なことは、弁護士に相談することです。弁護士は、自己破産したい人の立場になってさまざまな相談に対応します。

自己破産が認められない理由はいくつかあります。借金の原因が、ギャンブルや買い物で浪費した場合、詐欺をよそおい、債権者の信用がなくなった場合などでは、自己破産できません。裁判所が自己破産を申請した場合、自己破産できるかを判断します。

自己破産と任意整理、選ぶには

自己破産と任意整理、どちらを行うことが自分にとっていいものになるかということは素人が自分自身で判断することは非常に難しいです。できるだけ自己破産は避けた方が無難であるのは間違いないのですが、任意整理ではどうにもならない場合もあります。

その判断をしてくれるのが弁護士であったり、司法書士なのですが、現在のあなたの状況と、どういった所から借り入れしているのかをふまえた上で、まだ返済をしていけるのが、もうここで一度0にしてしまった方がいいのかをアドバイスをしてくれます。どちらを選ぶにしてもそのまま手続きをお願いすることもできますので、安心してお任せすることができます。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る