過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

確実に過払い金を取り戻す

自己破産の申請は自分ひとりでも可能なのでしょうか?という質問を受けます。
確かに、ご自身が請求を行うことは可能です。

ですが、いくつかの書類を作成しなくてはいけません。
その書類等も細かく記載する必要があり、法的知識も必要とされます。

しっかりとしたものを作成し、審査を受けるというのであれば、弁護士等の専門の方に依頼することが賢明かと思われます。

また、取り戻せたとしても、自身での請求の場合、全額取り戻せなかったなどのケースもありますので、自身での請求を行うのか?弁護士などの専門の方に依頼するのかなど、よく検討して行う必要があります。

過払い金が戻ってくる期間は?

長年借金をしている人の場合、お金を払いすぎている過払いという現象が起きている場合がありお金が戻ってくることがあります。過払い請求には期限が設けられているので心当たりがある人はすぐに請求を行う必要性があります。

所定の手続きをするとお金が戻ってくるわけですが、どのくらいの期間がかかるのかというと場合によってさまざまです。過払い請求は自分で行うことも可能ですが、色々書類を揃える必要性があり時間がかかります。

そのため、一般的なのは弁護士に依頼することです。その際は実績の多いところに依頼するといいでしょう。小規模なところだと後回しにされる可能性があります。このようにすると、期間が短縮されます。

時効に注意したい過払い金返還請求

あなたが過払い金返還請求について気になっているのであれば、早期に事実関係を調べる事をおすすめします。というのも、過払い金返還請求は時効があるので、返済が終了した時点からカウントして10年と決められています。

また、2010年以降はグレーゾーン金利が発生する事はなくなりました。過払い金返還請求ができる人でまだ行っていない人も多い様です。過払い金返還請求をできるチャンスというのは2020年までのケースがほとんどでしょう。

その様に考えると、過払い金返還請求を行う事ができるチャンスもあと少しの間だけとなります。また、直前になると駆け込みで手続きをしようとする人も増えると思われます。

弁護士によって過払い請求で返ってくる金額にばらつきがあるって本当?

過払い請求の報酬は、着手金が1件あたり2万円~5万円、成功報酬が10%~20%程度となっています。弁護士にとってもたくさんのお金を回収できたほうが報酬が高くなり、メリットがあるので、基本的には全力でお金を回収してくれます。

しかし、過払い請求では弁護士によってばらつきがあることもたしかです。ほとんどの場合に100%の過払い金を回収してくれますが、裁判になりそうな時には、90%くらいで妥協をすることをすすめられることもあります。大阪や千葉で弁護士を選ぶ時には、十分に比較をして、実績がある法律事務所を選ぶようにしておきましょう。

司法書士事務所で過払い金を返してもらう

消費者金融などで、お金を借りた場合、利息制限法で決められた金利で、貸し付けなければいけません。しかしながら利息制限法は、刑事罰に問われない為、出資法で定められている利息で、貸し付けられている場合がほとんどです。

出資法と利息制限法の間の金利を、グレーゾーン金利と言いほとんどの方が、グレーゾーン金利で貸し付けられているのが現状です。司法書士事務所では、グレーゾーン金利を過払い金請求で、返金してもらおうとする活動で、大阪などでは無料相談を行っている事務所がたくさんあります。自分は、グレーゾーン金利で借りているのかわからない方でも、調べてもらうことが出来ます。

過払い金における司法書士の役割について

過払い金の請求は、以前借りた借金における払いすぎた金利を貸金業者や、クレジットカードの会社と交渉をしていく手続きのことを指します。過払い金の請求を行うことで、自分のお金を取り戻すことが可能となります。

そこまでの時間を必要としない手続きとなりますので、弁護士や司法書士に依頼してみることをお勧めします。依頼する場合には、メリットデメリットなどのポイントがあり、その一つとして司法書士には制限があることです。140万円以上になってしまうと対応が不可能になってしまいますので、その点を十分に踏まえた上で依頼することが重要になります。

過払い金における司法書士の役割とは

過払い金の請求は、人によっては面倒に感じてしまったり、弁護士に支払う費用面などで断念してしまいますが、払いすぎてしまったお金を取り戻す有効な手段としてあげることができます。

しかしながら、最近では情報がさくそうしていて、依頼する人も踏み切れない状況があります。過払い金請求には、機嫌がありますので迷ってしまっている人の場合には、専門の機関などで無料相談をおこなってみることです。また、最近では認定司法書士においても、140万円以下であれば請求できることが挙げられますので、利用してみることをお勧めします。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払い金に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る