過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

返済に間に合わない時に、司法書士に借金相談をする

司法書士に借金相談をするとなにをしてくれるのかを説明していきます。まず、現在残高が残っている借金をどうやって返していくかということを法律的に解決してくれます。また、過去に借金があったった場合には、該当する期間に合致する場合のみ、過払い返還請求の手続きをしてくれます。

借金の返済に間に合わないような場合に司法書士を訪れたとすると、一般的に生活費などの立替はしてはくれないものの、借金の残高をどのように返していくかや、借金の残高や今後支払っていく総額を減らすことは可能かどうかのアドバイスをしてくれます。

借金相談で司法書士は信用できるか

司法書士でも一部の借金相談が可能です。そして、過払いの返還請求や債務整理の代理も、司法書士法上可能です。ただし、どのような案件でも扱えるわけではなく、可能なのは140万円以下の案件です。

つまり、簡易裁判所で扱える案件について、以上の行為が可能となります。そして、簡易裁判所での訴訟代理人となるためには、認定を受ける必要もあります。自己破産の申し立ては地方裁判所に申し立てるため、扱うことはできません。司法書士の業務は信用できるかというと、きちんと勉強して、法律を守って業務を行っている方ならば信用できます。

借金相談をする場合はまず金額を確認して

借りていたお金が返せずに、借金相談をする場合は、弁護士または司法書士に相談するのがお勧めです。知人に弁護士、または司法書士がいない場合は、法テラスで相談をすることもできます。ただし法テラスは無料ですが、弁護士の場合は30分につき、5400円の相談料がかかります。

司法書士は事務所にもよりますが、無料の所が多いです。 ただし借金の金額によっては、弁護士でないと手続きができないこともあります。司法書士の場合は法律により、借金の総額が140万円以下の場合と決まっているからです。それ以上の金額を借りていて、そのうえで借金相談をする場合は、弁護士に依頼するようにしましょう。

多重債務の借金相談を弁護士に行うと良い理由とは

多重債務で苦しんでいる人の特徴として、誰にも相談することができずに一人で悩んでいるケースが非常に多いということがあります。確かに、借金問題などは他人には相談できないものですし、家族といえども多大な迷惑をかけてしまうケースもありますので、よほど親が資産家でもない限りは相談しにくいものです。 こんな時に頼りになるのが、借金問題のスペシャリストでもある弁護士です。特に、多くの借金相談の経験ある弁護士の場合には、ほとんどの問題を短時間で見事に解決してくれます。専門家に借金相談することで多重債務問題を解決することができるはずです。

また、債務整理する場合になった費用などについても、相談者がお金に困っていることは先刻承知していますので、無理なく分割払いなどにも応じてもらえますし、実際には、依頼した時点で毎月の返済がストップしますので、返済予定のお金で費用を賄うことができるケースも多くあります。

このような借金相談は、東京や大阪などではほとんどの場合は初回は無料で行えますので、少しでも早く相談することが大切です。相談する際には、現在の借金状態などを正確に伝えることで、解決方法や費用などについて説明を受けることができます。

借金相談に対する司法書士の解決法とは

借金の問題はなかなか人に相談できない問題として、長年の間悩んでしまっている人が多い問題になります。そのような際にはいち早く、法律の専門家に相談することが大切になってきます。法律の専門家には、弁護士や司法書士がいます。

彼らには借金相談の業務が定められていて、借金の問題に対して債務整理などの方法を使って、法的に解決することができる人たちになります。しかしながら、司法書士の方には法律で定められた規定があり、140万円以上の借金相談に乗ることはできません。そのような内容を踏まえたうえで、専門家に借金の相談をすることが早期解決の糸口です。

借金相談における司法書士の役割について

借金相談においては、法律的に解決することができる債務整理が有効になってきます。債務整理においては、専門的な知識が必要になってきますので、基本的には専門家に依頼することをおすすめします。

債務整理をおこなえる専門家としては弁護士と、司法書士になってきます。しかしながら、司法書士に依頼する場合においては制限があり、代理人としての交渉や手続きなどをおこなうことができますが、案件の金額が140万円以下であることが条件としてあげることができます。その様な制限以外には、弁護士との役割は違わない点が挙げられます。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

借金相談を司法書士に相談することに関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る