過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

司法書士

過払い請求をして過払い金を取り返すには専門知識が必要なうえ、消費者金融にうまいこと言いくるめられてしまう可能性もあります。

その為、法律家に請求を依頼する人が圧倒的に多数です。ですが、どの法律家に依頼するかの判断は実は難しいです。過払い金を計算するのは非常に大変です。それだけでなく今までの取引履歴を過去にさかのぼって消費者金融に開示要求することは意外と難しいです。

なので自分では実際いくら返してもらえるかの判断はしにくいので、もし悪質な弁護士に嘘をつかれても見抜くことが難しいです。過払い請求に関しては成功率が高い反面、嘘をつかれたら見抜きにくいデメリットがあります。

例えば払いすぎた金額を自力で計算し、お金が戻ってきそうだとしても、弁護士から実際に裁判を起こして失敗するケースもある為、示談にした方が良いと言われたとします。

そうなった時に適切な対応を取れる人は少ないです。失敗するケースはどういった時なのか、確率はどれ位なのか、示談にしなかった時との取り返せる金額の差額はとかいった疑問に対してほとんどがあいまいなのにもかかわらず、どれも自力で確かめるのが困難です。

こういう意味では、弁護士と依頼主が相談する時、全く対等ではないことは覚えておくべきです。

別の分野から司法書士を目指す

受験資格に制限などがない司法書士試験においては、長い職歴の中でこれまでは全く別の分野で活躍してきた、という人がいきなり法律の世界で活躍する事を目指して試験を受験するという事もできます。

バックグランドなどは問われる事はありません。法律について学んだ事がない人が、いきなり司法書士になるための勉強を始めるという事もある様です。

転職する事を目指してやってくる事もあるでしょう。 学校で法律について学んだ事がある人や、法律に関わる仕事をした事がある人であれば、内容が理解しやすいなどという場合もあるでしょう。どんな人にもチャンスがあるという事は、受験者にとっていい事でしょう。

一時のブームではなく需要が見込める司法書士

少し前までは資格を取得するのが一種のブームの様になっており、いろんな資格を目指す人が増えたり、または数多くの資格が誕生したりしています。ブームが去ってしまえば、どんな事でもあまり見向きもされなくなってしまう事もありますが、司法書士に関してはきっといつの時代も必要な資格ではないでしょうか。

多少は需要に変化が出る事はあっても、なくなってしまうという事はまず考えにくいでしょう。これからも司法書士の活躍するシーンはたくさんあるでしょう。

同じ資格を取得するのであれば、将来性を見込む事ができる資格を選びたいですね。

本当に価値のある資格はこれからも受験する人が多くなるでしょう。

法律や登記に関する相談事

法律や登記に関する相談事については、専門家である司法書士に相談するのが賢明なのですが、専門家に相談するというのは、少し敷居を高く感じるものです。相談事と言っても、具体的な相談内容について、素人としては、うまく説明できないような気がしてしまうからです。

しかし、そのような相談事について、法律の専門家の立場から内容を整理することも、司法書士の仕事の一つです。実際に司法書士のもとを訪れるのは気が引けるとしても、電話相談のような手軽な方法から試してみるのも有用です。まずは、相談事を提示する事が重要なのです。

司法書士とはその名前から法律にかかわる仕事をしていることはイメージしやすいのですが、具体的にはどのような業務を行っているのであるかというと、まずは不動産登記があります。

これは不動産を売買するときに発生する権利の移動を細かくチェックして売主や買い主、あるいはお金を借りているのであれば貸し手などとの関係を把握しておき、守られるべき権利をしっかりと守り調整を行います。

すなわち司法書士は登記におけるプロフェッショナルとして業務を行っています。それ以外にもさまざまな登記に関する仕事を専門的に行っています。

司法書士に登記申請を依頼する際印鑑証明が必要

不動産の登記申請を行う際、本人が申請人となって申請をするときには、申請書に押印を行いますが、司法書士に登記申請を依頼する場合には、委任状に押印をし、その押印した印鑑について、印鑑証明が必要となってきます。

登記申請を、自分で行うことができれば一番費用がかかりませんが、司法書士に依頼した方が、遠方の戸籍や住民票などでも職務権限でとってもらえますし、ほとんどすべて任せておくことができます。 自分ですべて行うと、専門知識も必要となりますし、何度も法務局へ行く必要がありますから、時間と労力を消費することになります。

迅速に対応する大阪の司法書士

利用者が少しでも安心して利用する事ができる様にするためにも、大阪の司法書士の中には顧客の問い合わせに対して、できるだけ迅速に対応してくれる事もあります。大阪の司法書士に連絡をした際に、すぐに返事が来ると安心します。

大阪の司法書士の中には繁忙期もあり、他の利用者から相談を受ける事もあります。複数の法律家がいる大阪の司法書士であれば、別のスタッフが対応してくれる事もあります。どうしても急ぐ場合には、大阪の司法書士に対して、メールなどではなくて、電話をして直接話をすると手っ取り早い事もあります。仕事をお願いすると、何度もやり取りをしないと行けない場面は多数発生すると予想されます。

大阪でどんな司法書士がいるか調べる

法律相談を受ける上で自分がすべき大事な事と言えば、大阪でどんな司法書士がいるかという事をまず調べた上で、その中から選ぶ必要があります。問題があれば、大阪の司法書士に相談すれば対応してくれますが、自分で大阪にいる司法書士を探さないといけません。

大阪の人であれば、法テラスを訪れて、司法書士を紹介してもらうという方法もあります。大阪では司法書士が多い傾向にありますので、誰を選ぶかという事が特に重要となる事が予想されます。問題によっては人生の岐路に立っている人もいます。どの様な対応を行うかという事によって、これからの自分の毎日が大きく変化する事もあります。可能な範囲であらゆる事を考慮しましょう。

司法書士という職業について

各都道府県をはじめ大阪にも数多くいる司法書士の仕事は、企業や個人からの依頼で法律に関する書類の作成や手続きなどを代理で行うことです。一般の方に馴染みが深いのは不動産登記ではないでしょうか。住居を購入したり売却するときには不動産の登記、所有者を変更する登記が必要になります。

また、企業の設立時の会社の登記、役員の変更、増資などを行う場合にも登記や登記の変更手続きが必要になります。会社を設立するときには登記を提出しないと法的に会社の存在が認められないのです。司法書士は、このときに必要になる書類の作成や登記手続きを依頼人に代わって行います。

司法書士の特徴について

司法書士とは、司法書士法に基づいた国家資格です。依頼人に代わって裁判所や検察庁などに提出する書類を作成したり、登記や供託に関する手続きを代理したりするなど様々な業務を行っています。

具体的には、不動産売買における所有権移転の登記申請、会社設立の手続きや役員の変更登記、成年後見に関する業務などがあります。資格を習得するためには国家試験に合格、あるいは一定の要件によって法務大臣に認可されることが必要です。大阪でも国家試験対策を行う予備校が多数あります。講師や雰囲気など自分に合う予備校を見つけることが大切です。通学で通うことが難しい場合は通信講座が便利です。

弁護士と司法書士 の仕事の違い

大阪 は全国的に見て司法書士の多いところです。弁護士は法律業務をすべて扱う事ができますが、司法書士は法で定められた分野、範囲のみ行う事ができます。弁護士が行き届かない部分を補佐するという意義のある仕事です。

そのため、主に扱うのは、登記や供託ですが、法務省で一定の研修を受け、考査を受けて、認定を受ければ、一定の範囲内で、140万以下の民亊事件や家庭裁判所の紛争解決業務を行う事も出来ます。ただし、弁護士と異なり、業務範囲に法律上の制約があります。刑事事件や、行政事件、強制執行、破産、民事再生の申し立ては、できません。

司法書士は登記だけでなく、身近な法律相談家でもあります。

司法書士は他人の依頼を受けて、裁判所・検察庁、法務局へ提出する書類の作成代理業務や登記・供託に関する代理手続きを行う人のことで、弁護士と同様に国家資格を有しています。イメージは会社登記や不動産売買の登記といったところですが、老親の成年後見や労働のトラブルも扱っています。

また法務大臣の認定を受けている場合は1件あたりの債務額140万円以下の任意整理をおこなえるようになりました。全国の弁護士数には及ばなくとも、大阪は東京に次いで司法書士の数が多く、事務所だけでなく近くの法テラスでも相談することができます。また書士会と呼ばれるところでの相談会や、事務所を紹介してもらうことも可能です。

司法書士は支払う報酬も含めて考える

どれだけ優れている人でも、支払う報酬が高いことが分かってしまうと、利用しづらいと感じられます。司法書士が求めている報酬は、自由に設定することが可能ですので、ある程度高いところと安いところに分かれます。

大阪でも多くの司法書士が仕事を行っていますが、依頼にかかる費用は異なっています。報酬が高くなっているところよりも、安いところを選んだほうが気軽に利用できる可能性があります。また相談についても、事務所で相談する場合は有料としていることもあります。無料で相談できることが大事なので、これらの情報を仕入れてから相談するといいです。

大阪の司法書士に過払い、借金問題を相談ください。大阪司法書士会所属そとやま司法書士は大阪、南森町駅。(大阪市営地下鉄)

弁護士・司法書士に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る