過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

債務整理のイメージ

あまり自分の周りに債務整理を行った人というのは多くないだろう、と思います。

債務整理の中には、よく知られている自己破産も含まれています。その様な話を聞くと、何かとても恐ろしい事の様に捉えている人もいる様ですね。

自己破産を行ってしまうと選挙権がなくなってしまうのではないか、仕事をクビになってしまうのではないか、などいろんな不安がよぎるという人もいる様です。

しかし、それが事実であるのかという事を知りたいですね。時には事実ではない事を、個人の勝手なイメージや思い込みで事実だと思いこんでしまっている人もいる様です。

事実ではない事を心配するのは、無駄ですので正確な情報を得る努力をしましょう。

最終手段として債務整理で解決

基本的に債務整理で借金を解決するというのは最終手段になります。それまでは何とか努力して返済に努めないといけません。

債務整理で解決する場合であったとしても、選択する解決方法によっては、加入している保険の解約を求められる事もあります。戻って来たお金で返済しないといけない事もあります。

更に、住宅など財産になる物に関してはやむを得ず手放さないといけない事もあります。そして、貯金も一定の金額よりも多い場合には、没収される事もあります。

法律の力で解決すると言っても、その解決は楽なものではありません。
常に借金の大変さについて忘れる事なく、慎重に借り入れの決定をしたいですね。

会社員の借金相談について

現在働いている人が借金返済が滞り督促が始まると、一番問題になるのが会社に借金がバレることです。借金相談については誰にでも話せる問題ではなく、できればかくして自己破産など処理をしたいものです。

ですが、 借金が多過ぎて毎月の返済 が苦しくて債務整理をすることにしたけど、どこに借金相談をしたらいいかわからない場合は、法律事務所や法務事務所に行くべきです。専門家である弁護士や司法書士に相談をするのが一番です。費用がないという方でも、無料で借金相談にのってくれるところもあります。まずはこれ以上借金を増やさないためにも、行動することが大切です。

債務整理、過払いと金利の関係

債務整理は、任意整理なので、当事者間の交渉で、支払いについて新たな約定をして、以後はそれによって支払っていくスタイルです。ただ、過払いが発生している場合は、それで債務整理をする必要がなくなることもあります。

過払いは、法定の上限金利以上での支払いを過去にしていた場合に発生します。かつてはグレーゾーン金利が存在していて、それは一応有効だと考えられていましたが、のちに判例で否定されます。その結果、グレーゾーンで支払いすぎた分は元本に充当されることになり、もし、元本に充当しても余った分は、過払い金として返還を求めることができます。

債務整理を通じて多重債務を解決へ

小さなきっかけなどでキャッシングやクレジットカードのローンの金額が膨らんで、結果多額の借金を背負ってしまうことを、多重債務といいます。解決させるためには債務整理の方法を正しく把握した上で手続きを進めなければなりません。

大阪をはじめとして、弁護士などの国家資格を有する専門家が在籍する事務所団体などが多く存在しており、借金問題に関する相談業務や手続き代行などが行われています。速やかに借金問題を解決させるためにも、なるべく早い段階で専門家への相談などを行い、生活再建を図ることが、問題を膨らませないための対策となります。

任意整理などの債務整理について

クレジットカード会社や、消費者金融などの貸金業者に借り入れていた借金の返済が、できない場合において法的に解決できる方法があります。そのような手段を債務整理と言います。債務整理にはいくつかの種類があり、任意整理や民事再生、自己破産、などの種類があります。

また、支払いが終えた後の払いすぎた金利を、取り戻す方法として過払い金の請求があります。どの方法にするかは自身の抱えている借金の総額や、所有している資産によって変わってきます。いずれにしても、弁護士などの専門の機関で、相談してみることをおすすめします。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

債務整理に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る