過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

自己破産ではない債務整理を選択したい

できれば自己破産ではない債務整理を選択したいと考えている人は多いでしょう。というのも債務整理の中から自己破産を選択してしまうと、マイホームを失ったり、一定以上の預貯金などを失う可能性もあります。そのため、債務整理の中でも自己破産だけはせずに対処したいという考えも納得できますね。

しかし、借金の程度によっては自己破産以外の債務整理ではどうする事もできないというケースも考えられます。債務整理の中でも自己破産を回避できる様に最大限に努力をしたい所ですが、どうしても難しい場合に限っては、勇気を出して決断しないといけない事もあるかと思います。

普段の金銭の扱いを徹底して法律相談を早めに受けたいですね。

弁護士事務所に債務整理の電話相談をしよう

消費者金融のカードローンなどが原因で、多額の借金を背負っているときには債務整理で解決できる場合があります。債務整理について取り扱っている弁護士事務所は多数ありますので、電話で相談することが可能です。

相談料がかからない弁護士事務所を選択しておくことで、経費をかけることなく自分の状況を伝えることができます。債務整理とは法律的な手続きによって借金問題を解決する方法のことで、自己破産や任意整理、過払い金返還請求などのことを指します。初回であれば無料相談を受け付けている法律事務所も多く、まずは電話で話しをしてから正式に依頼するかどうか決めることがおすすめです。

多重債務で利用される債務整理は民法に直接規定はない

債務整理は多重債務者の債務の返済を楽にするために行われる手法です。これは、任意交渉によって具体的な支払いの内容を変更します。このことを直接定めた規定は民法にはありません。しかし、民法は公序良俗に反しない限り、契約を締結することを自由に認めています。

債務整理も、当事者間の返済の義務について新たに契約をし直すという側面があるため、これによって債務整理が正当な手段であることが確保されています。ただし、当事者間での任意の交渉であるため、債権者はそれに応じる義務はありません。債権者が応じない場合は、自己破産や民事再生を考慮に入れる必要があります。

自己破産する前に調停出来るか借金相談

サラ金などからの借り入れが多くて、毎月の返済も大変なので、誰にも言えないけど借金相談をしたいという方もいらっしゃいます。借金というと、すぐに自己破産という言葉が浮かんでくると思います。

自己破産は、まったく返済できない状態にならないといけないので、誰でも簡単にすることはできません。もし、返済はできるけど、返済金額が辛いのであれば、特定調停ができるか相談してみましょう。特定調停は、債権者との返済計画に和解が出来れば成立しますので、貸している側も全く回収できないよりも良いので、成立する場合もあります。

自己破産の手続きと携帯は弁護士

自己破産の手続きは弁護士事務所に相談することが一番確実です。もちろん、手続きは弁護士がきちんとやってくれますが、多くの人が問題としているのが携帯電話です。現代において生活の必需品になっています。自己破産で携帯も取り上げられてしまうと、それからの生活に支障をきたしてしまうのです。

ハローワークの求人に問い合わせをするとしても、何らかの連絡手段がなければなりません。生活を維持していくために必要なものは自己破産時でも所持が認められています。普段何気なく使っているものでも、意外とわからないことが多いものです。

自己破産における借金相談できる場所について

借金が多額になり、自己破産の方法を考えている人は、どこで借金相談を行えるのか分からない為に、実行することを躊躇しているケースもあります。その様な際に、法律事務所のお敷居が高い場合には、法テラスや弁護士会の法律相談センター、都道府県の設置している法律相談窓口などの場所もありますので、合わせて利用してみてもいいかも知れません。

万が一、弁護士の所属がない場合には弁護士の紹介もしてくれますので、利用してみることをおすすめします。利用した後で多くの意見を取り入れ、自分に適している方法を行なって行くことが重要です。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る