過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

メリットを考えたい自己破産

返済においてどうする事もできなくなってしまった場合には、自己破産が頭をよぎるという人が多いと思います。自己破産をした場合のメリットと、自己破産をしなかった場合のメリットについてよく考える様にしたいですね。

自己破産の自己破産を考える事で、結果としてどちらの方がいいのかという事を判断しやすくなると思います。また、メリットはもちろんですが、マイナス面についても考える様にした方がいいかもしれませんね。

早速それぞれのメリットやマイナス面について調べてみませんか。自分に対して少しでもメリットが多いと思われる方を選択する事ができればいいですね。弁護士の意見が参考になるかもしれません。

自己破産の家族への影響について

借金問題を抱えている人の中には、明らかに返済することが出来ないような多額の借金を背負っているという人もいます。そのような場合、自己破産をすることにより、借金の返済が免除されることがあります。

しかし、自己破産をすると、家族に何らかの影響が及ぶのではないかとの理由から、借金相談をすることが出来ないという人も少なくはありません。配偶者や子供などへの影響については、ゼロではありませんが、基本的には申立て者本人にのみ適用されるものですので、大きな影響が及ぶということは無いでしょう。ただし、家族が借金の連帯保証人となっている場合にはその限りではありません。

個人再生を選択するメリット

個人再生とは債務整理という現在のあなたの借金を整理する手続きの1つです。住宅ローンを除く借金を大幅に減額して、それを原則として3年間で返済していく事になります。債務整理の中で個人再生を選択することのメリットは幾つもあります。

まず住宅ローン特別条項を利用してマイホームを維持しながら債務整理を行うことができます。自己破産と違い資格制限がないので弁護士、税理士、保険募集員、警備員などの職業に就く事も可能です。また免責不許可事由もないのでギャンブルや浪費により発生した借金でも債務整理することができます。

自己破産の借金相談で誰もが気にするクレジットカードについて

自己破産の借金相談で多くの方が気にしているのが、クレジットカードの利用についてです。通常、自己破産をすると、その記録が各個人信用情報に5~10年の間は残ることになりますので、その間は、利用することが難しくなります。

ただし、短期間で収入面が復活し、高収入を得ている場合などには、レアケースですが、外資系のクレジットカードの場合には新規契約できることもあるようです。外資系の場合には、過去の記録よりも現在の支払い能力を重視しますので、ケースバイケースで新規契約可能な場合もあるようです。

また、最近は、デビットカードの利便性が非常に向上していますので、ほとんどのケースでは代用できます。ただし、ETCカードの代用はできません。ETCカードの代用は、少し面倒ですが高速各社が提供するETCパーソナルカードが利用できます。

自己破産を考えている人は法律事務所へ

自己破産とは裁判所に破産申立書を出し免責許可をもらい、借金をゼロにするという手続きのことです。また、自身で裁判所との手続きを進めることも可能です。ただし、提出必要書類というものが数多くあり、普段記入しないような書類がほとんどですので自己流で調べるとかなり時間がかかってしまいます。

大阪では自己破産の手続きのお手伝い(書類集め、書類の書き方の教授)などをしてくれる業者さんが沢山います。費用も相場20万円程で、分割して支払うこともできます。ほとんどの法律事務所で無料電話の借金相談を受け付けているので実際に電話でやり取りした上で一番合った事務所を選ぶことができます。

自己破産の前に借金相談を

複数の借入先からの借金を背負っている場合など、月々の返済を続けるだけではどうしても解決できない借金問題も複数存在しています。多重債務に陥ってしまった場合など、任意整理では間に合わない場合、自己破産を選択することもあります。

大阪などの都市部だけでなく、無料で借金相談を受け付けてもらえる専門機関は、全国各地に多数見受けられます。弁護士や司法書士、行政書士などの国家資格を持つ専門家が在籍しており、実際の手続きに入る前に丁寧なカウンセリングが行われます。また制度を利用しなくても、様々なアドバイスを受けられます。

大阪司法書士会

HP

〒540-0019 大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る