過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

自己破産による生活面のデメリット

考えられる自己破産による生活面のデメリットとして、金融機関の利用が一定期間は難しくなるという事が考えられます。借金で自己破産をした人にとっては、借入ができない事はいい面もありますが、デメリットもあります。

というのも自己破産をした後の生活については、借金の返済はなくても、厳しい事が考えられますので、ローンを組んだりできないのは、痛手になってしまう可能性もあります。

しかし、これを自己破産のデメリットとして受け止めるばかりではなく、借金の悪循環を断ち切るためのいいチャンスだと受け止めたいですめたいですね。借金をする時点において自己破産による生活面のデメリットを考えるのもいいでしょう。デメリットをいい方向に活用できればいいですね。

ローンの返済ができなくなったら自己破産

ローンの返済ができなくなった時には、自己破産をするのも一つの手段です。自己破産はうまくいくと債務がゼロになります。もちろん、デメリットもあり、一定の職業に就けなくなりますし、資産は換価されて性分されるため、財産はほとんど残りません。

しかし、返済できない人にとっては背に腹は代えられないため、何らかの手段をとる必要があります。そこで、弁護士に借金相談をするのが最適です。人によっては自己破産より、別の債務整理を行った方が良い場合もありますが、それを相談の時にアドバイスしてもらうことができます。もちろん手続きを代理してもらうこともできます。

個人再生で借金を減額できます

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額してもらう手続きのことです。原則として債務が5分の1に減額され、その減額された金額を約3~5年で支払う制度になっています。自己破産と違って、一定の条件を満たせば、住宅や車などの財産を手放すことなく手続きできることがメリットです。

もちろん手続き開始後には、債権者は強制執行(給料差し押さえ等)が出来なくなります。また、保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありません。家族がローンを組む時に悪影響があるなんてこともありません。つまり借金で困っている方でも個人再生を行えば、ゆとりのある返済が可能になります。

借金相談によくある自己破産の費用の支払いについて

借金相談で多いのが、自己破産した場合にかかるコストについてです。通常、弁護士や司法書士に依頼した場合には、手数料がかかることになります。これに印紙代などの実費がかかりますが、主たる部分は弁護士さんなどの手数料となります。

ただでさえ、お金に困ってるわけですから気になるのは当然ですが、実は、弁護士や司法書士に自己破産の依頼した段階から、その月以降の支払いが猶予されることになります。

実際には免責が下りるまで数か月かかりますので、金額にもよりますが、毎月の返済額で補うことができるケースもあります。そうでない場合でも、自己破産を申請する人がお金がないことは分かっていますので、ほとんどの場合には、無理のない分割払いにも対応してもらえます。

司法書士に自己破産の申請をした場合に連帯保証人は

司法書士に自己破産の申請をした場合、もし、連帯保証人がいる場合には、その方には何も影響がないため、そちらに借金の催促が集中してしまいます。司法書士に依頼する際には、まずは、そういった人がいる場合には、誠意をもって全てを説明することが大切です。迷惑をかけたくないからといって、保証人が付いている債務だけを外すということもできないため、申請をする前にしっかりと考えてから行うことも大切です。

連帯保証人の方が支払い能力がないという場合には、その方も、自己破産や任意整理といった債務整理の手続きを取る必要があります。

自己破産と任意整理の違いは

よく借金を整理するときに、任意整理と自己破産のどちらを選ぶのかと言われることがあります。この2つには明確な違いがありますので、しっかり理解することとなります。自己破産の場合は、全ての借金を捨てることが出来る反面、財産として扱われているものの大半は消えることになりますので、失うものも多くあります。

このようなリスクを考えると、任意整理でもいいと思っている方が出てきます。色々なものを失わずに、利息分だけ軽減してもらう方法を使って、借金を減額できる方法なのです。比較的使いやすく、料金も安いので安心できます。

大阪司法書士会

HP

〒540-0019 大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る