過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

手頃な費用で過払い請求

法律事務所の間で競争は激しい様で、費用面において手頃な価格でサービスを提供する事で、顧客にとって利用しやすい様にしている所もある様ですね。過払い請求においても手頃な費用で行ってくれる法律事務所は増えているみたいです。

いきなり本格的に費用が必要な法律相談ではなくて、初回の数十分のみ相談料を無料にするなどしている事もあるかと思います。

過払い請求で本来は自分のお金を取り戻すものですので、あまりお金をかけたくないと考えるのであれば、少しでも低価格で過払い請求を行ってくれる法律家に依頼するといいかもしれませんね。

昔に比べると法律相談は少し利用しやすくなっている様ですね。

過払い金の計算方法について

過払い金とは、カードローンなどに於いて法定利息を超えて利息を支払った部分の事を指し、この部分については返還請求できることが定められています。通常は弁護士や司法書士などに依頼しその返還を請求します。その際の計算方法は、これまでの返済金額の元金と利息を法定利息で計算し直して算定します。

カードローンの場合など返済して再度借りた場合にはその計算が複雑になりますが、基本的には弁護士や司法書士に依頼した場合には業者に対して取引明細の請求が行われ、この情報から過払い金を計算することになります。業者は過払い金の返還請求が行われた場合には、裁判所で認められる特段の事情が無い限りは返還に応じなければならないことになっています。

見かける過払い金返還請求の広告

近頃では過払い金返還請求に関連する広告を見かける事も多くなった様に感じます。過払い金返還請求の広告が多く出される様になると、この事について知る機会が増える事になります。過払い金返還請求を行うためにも、まずは知るという事が大事だと思われます。

自分自身も過払い金返還請求を行う事ができるという事に気が付くきっかけとなる事もあるかと思われます。過払い金返還請求の広告を見る事が、手続きを行う直接の原因となる事もあるでしょう。もし、自分では分からないという場合には、そのままの状態で放置するのではなくて、一度法律家に詳しい事を確かめてもらった方がいい場合もあるかと思われます。

過払い請求について弁護士に相談するメリット

千葉や大阪で過払い請求について弁護士に相談するメリットとして、弁護士が過払い請求に関するすべての手続きをおこなってくれるので、特別何かをしなくてはいけないというストレスが軽減されます。

そして、周囲の人に気づかれること無く、過払い請求を執り行うことが可能になります。弁護士は交渉することが仕事ですので、相手有利で話が進むことがなく、むしろ自分にとって有利になるいい条件を勝ち取ることができるようにしてくれます。

個人でやると、書類などに抜けが生じてしまいがちですが、そのような書類の不備も発生しないため、すべてがスムーズに進むでしょう。

司法書士に過払いを相談するケースとは

過払い金は、カード会社や消費者金融に払いすぎた金額のことを言います。払いすぎたとは、法律上返す義務のある金額よりも上回った状態を言います。支払いを終了し、ふと過払い金があるのではないかと思った際に、司法書士や弁護士などの専門機関に相談することができます。

専門の機関は大阪や東京など人の多い都市部に数多くあります。それに加えて請求金額が、140万以下だった際には、司法書士に依頼することができます。しかしながらできる業務が限られていますので、弁護士に依頼した方がいいケースもあります。それらを踏まえた上で依頼することが大切です。

司法書士と弁護士における過払いについて

一時期テレビのコマーシャルや、駅の中吊りなどで過払金の請求に関しての広告が多くあり、過払い金の請求については一般の人でも広く知られるようになりました。過払い金の請求に関しては、自力でおこなうことも可能ですし、法律の専門家である弁護士や認定司法書士に、依頼することが可能とされています。

しかしながらそれぞれに、メリットデメリットが存在することも事実で、見極めていきながら決めていくことが重要となっています。特に司法書士の場合は、140万円以上になってしまうと対応することができなくなってしまうことがデメリットとして挙げられます。

過払いを取り返して司法書士にさらなる依頼

過払いを取り返すことができた場合、基本的に報酬を払って終わりになりますが、更なる依頼を出すことも可能になります。もし借金絡みで更に困っているなら、相談すれば司法書士でも対応できることはあります。

弁護士の方が対応できる範囲は広いものの、依頼を出しやすいのは司法書士であり、対応してくれたところにお願いすればできることもあります。まずは残されている借金を計算してください。

取り返したとしても、まだ残っている額がそれなりに多いなら、他の方法で更なる減額を狙っていくことも大事です。依頼を出せるかは、使いたい手法によって変わるので、場合によっては弁護士を頼ることになります。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払い金に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る