過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

複数の法律家が対応する過払い請求

たった一人の法律家が過払い請求の相談に応じてくれるというのは、ずっと同じ人に相談できるのでいい面もありますが、一人だけでは不安だと感じる人もいる様です。

そこで、一人の過払い請求の問題について複数の法律家が着手する事もある様です。

何人もの人が力を合わせて、問題の解決に取り組んでくれるというのは、とても心強いですね。何か無事に解決できそうな気もします。

依頼者は借金の相談をするに当たり、何かと不安を抱えている事も多いかと思います。結果がどうなるか分からないので、思った様に解決できなかったらどうしよう、と思っている人もいるでしょう。

少しでも安心して相談できる環境が整っている法律事務所があると嬉しいですね。

実績を参考にしたい過払いを扱う司法書士

これから自分が過払いについて相談しようとしている司法書士は、この分野についてどの程度精通しているかという事は、顧客には分からない事もあるかと思います。これを把握するのは容易ではないと思いますが、過去に司法書士が行った過払いの実績を見ると、参考にできます。

過払いを中心として扱っている司法書士で、ある程度のキャリアがあれば、安心して相談できます。司法書士はたくさんいますし、また過払いが専門の人もたくさんいます。その中で、過払いにおいて他より少しでもいい結果を出してくれそうな司法書士を自分で選んだ上で相談をするという事が大事です。

過払い金の返還ができる可能性

過払い金の返還が出来る可能性については、人それぞれの借入の状況や借金の総額などに大きく左右されることがありますが、早いうちに経験豊かな弁護士に対応を任せることがおすすめです。

近年では、過払い請求のメリットに関して、様々な媒体で取り上げられることがあるため、常日ごろから便利な情報源を見つけることが良いでしょう。

また、過払い金の返還の手続きに関しては、素人が対応をすることが難しいとされ、いざという時に備えて、信頼度の高い法律事務所にお世話になることで、誰しも日ごろから冷静な対処をすることが出来ます。

あちこちで活躍している弁護士の仕事

あちこちで活躍している弁護士の仕事は、民事から刑事事件まで大きな分け方があります。

例えば遺言書の作成を依頼するなどという場合であれば、法律に合った書式を把握していれば、どんな弁護士であっても、有効な書類となるでしょう。

裁判になりそうなややこしい問題を抱えていたり、また解決には交渉力が求められる事もあります。そんな場合に頼りになるのは交渉力のある弁護士ですね。

しかし、初対面の人であればどの位の交渉力がある人であるのか、と言う事は分からない事もあります。

自分のその後の人生に影響する様な大きな問題であれば、できればしっかりといい人を見つけたいですね。

知人の紹介や、またはネットの口コミなどを参考にすると、見つけやすいかもしれませんね。

弁護士になるには

弁護士になるにはたくさんの時間と労力が必要になります。
弁護士になるためには司法試験と呼ばれる試験に合格しないといけません。

しかし、誰もがこの司法試験を受験できるわけではありません。
様々な受験資格があり、ロースクールを卒業して法務博士号を取得しないといけない、などの条件があり必ず満たしていないといけません。

しかし、受験資格を得るだけでも何年もの時間がかかってしまいます。受験資格を得るだけでも大変ですが、更に司法試験に合格しないといけませ。

司法試験は日本で最も難しいと言われている試験です。合格する確率はそう高くはありません。
弁護士は過酷な道を歩んできているのです。

弁護士は行政書士より扱えることが広い

弁護士は、行政書士より扱える法律業務が広いのが特徴です。弁護士は、法律業務全般について、相談、裁判、交渉などを扱うことが可能です。一方行政書士は、一部の法律文書を作成するのが仕事です。紛争性のある案件をこなすことはできません。

そのたえ、法律トラブルの相談をすることはできません。ただ、すべての問題を弁護士にお願いしていては費用が掛かります。争いのないような文書の作成なら、任せても問題はありませんし、その方がコスト的にも安くなります。そのため、これらの法律職は、状況に応じて使い分けるのが賢いといえます。

法律事務所の顧問弁護士とは

法律事務所のサービスの一つに、「顧問弁護士」があります。 これは、個人や企業などと契約し、法的なサービスを提供するという物です。 このサービスには、以下のような利点があります。 一つ目は、「迅速な相談が可能」。 契約をしていない状態で何かトラブルが起きた場合、弁護士を探し、相談するなどの手順を踏まなくてはなりません。

しかし、契約をしておけば、そういった手順を省くことができます。
二つ目は、「気軽な相談が可能」。
トラブルの内容によっては、初対面の相手に相談しにくいこともあります。 しかし、契約をした相手なら顔見知りなので、そういった内容でも相談しやすくなります。

三つ目は、「不要な説明の省略が可能」。 初対面の相手だと、まず自分や会社の状況の説明から始めなければならず、それにかなりの時間を割かれてしまうこともあります。 しかし、契約をした相手ならこちらの状況をだいたい把握しているので、いきなり本題に入ることができます。

四つ目は、「本業に注力することが可能」。 トラブルを自分で解決しようと思ったら、かなりの労力が必要になります。 しかし、契約した相手に任せておけば、本来やるべきことに専念できるようになります。 これらの利点は、大阪でも同様です。

過払い請求の利点とは

過払い請求には一体どのような利点があるのでしょうか?現在借金を返済している人にとっては信用情報にのってしまったり、それによってクレジットカードが作れなくなってしまったりといった不利になってしまう点もいくつかありますが、それ以上の利点があります。

それは「自分が支払ったお金を戻すことができる」ということです。既に支払って本当は戻ってこないと思っていたお金が戻ってくるという事実が何よりも利点です。また過払い請求を弁護士に依頼する場合には自分のお金周りについて一度整理することができるので現在様々な所から借り入れしている人は足を運んでみるのと新たな発見が多いです。

過払い請求が発生する理由とは

過払い金による発生は法改正が原因で起こっています。以前の消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者や、それらの貸金業者から借入る際に定められている法律、貸金業法において貸金業者は出資法によって定めている年利が29.2パーセント以内であれば、利息制限法の上限を超えている利息を取る事ができました。

それまでの多くの貸金業者が、年利29.2パーセント近くまでのギリギリのラインにおける高い利息で、お金を貸していました。利息制限法を超えてしまうけれども、貸金業者が受けとる事が許可されていた利息がよく言われているグレーゾーン金利です。このような時代背景があり最近になり過払い請求を行う人が急増しています。

過払い請求の無効原因について

過払い請求が行えるのは、あくまでその相手が正規の貸金業者であるケースです。万が一、相手が違法業者だとしたら、過払い金の回収をするのはまず難しいと言えます。違法の業者は、当然ながら利息制限法の上限金利など守っていません。

当たり前の様に違法な金利をつけていますし、それ以上に実態をつかむことが難しいです。社名や担当者名、住所は適当である場合が多いです。唯一の手がかりとなる携帯電話については、他人の名義のものを使用していることが多いのです。悪徳業者の名前や住所が判明しない限り、過払い金請求を実施することは不可能です。

過払い金に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る