過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

自己破産や過払い請求

債務整理の方法として代表的なのは、過払い請求が行える任意整理や自己破産です。

法的利息を基準とし、それを超える金利分を違法とし、払いすぎているお金が発生しているとみなします。これにより、借金の圧縮や帳消しも可能となります。

これは現在進行形での債務で行われる事がほとんどですが、実は過去に完済している債務に関しても適用されます。

過去10年以内であれば同じように債務整理として過払い請求が行えます。取引履歴などは弁護士などが取り寄せするので、本人確認書類や印鑑などが用意できれば依頼できます。

この過払い請求に関しては、いわゆるブラックリストへの登録もされません。過払いについて思い当たる人は、弁護士や司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。

グレーゾーン金利と過払い金について

お金を貸すという場合、その金利の上限は利息制限法に定められた値である必要がありました。しかし、利息制限法の金利上限ではなく、出資法の上限金利を適用し、お金を貸し、返済を求めていた貸金業者も複数ありました。この利息制限法と出資法の上限金利の間の金利がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

グレーゾーン金利では、本来であれば支払う必要のなかったお金を払っていた可能性があり、払う必要のなかったお金のことを過払い金と言います。 過払い金が発生している場合には、最後に業者と取引をしてから10年以内であれば手続きをすることで取り戻すことが出来ます。

サービス重視で選ぶ過払い金返還請求

全国から探してみると過払い金返還請求を行っている弁護士は多く見つける事ができると思われます。しかしながら、過払い金返還請求を得意としているというばかりではなくて、相談者の立場に立って親身に対応してくれる弁護士に過払い金返還請求の相談がしたいという人も多い様です。

弁護士も一人でも多くの方に過払い金返還請求の相談を行っていただくためにも、サービスの向上を心掛けている人も多い様です。過払い金返還請求においては、弁護士と会話を交わす事は多いと思われますので、やはり丁寧に対応してくれる人の方が気持ちよく利用する事ができるかと思われます。弁護士選びでは相談者への対応について考慮するのもいいでしょう。

過払い請求相談にかかる弁護士費用について

消費者金融やクレジットカード会社が提供しているサービスのすべては、貸金業法という法律により規定されています。2006年にこの法律が改正されたことで、いわゆるグレーゾーン金利というものが撤廃されています。

これにより、利息制限法を超えた金利での貸し付けは無効となり、過去に支払っていた利息に関しては業者に返還を請求することが可能となっています。これが、過払い請求と呼ばれるものの内容です。個人でも行うことが出来ますが、弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。ちなみに、過払い請求にかかる費用は、着手金と成功報酬の合計により算出される仕組みで、大阪や千葉などの多数の業者が営業している地域の場合は、お得なサービスも用意されています。

過払い請求の基本的知識について

過払い金は簡単に説明すると借入を行なっていた債務者が、消費者金融などの貸金業者に返済し過ぎてしまったお金の事を指します。債務者がクレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者から利息制限法の利率を越えた利息での借入れをしている際に、返済をし過ぎてしまい本当は払う必要のないお金の事を指します。

過払い金が発生してしまう理由は、消費者金融などの貸金業者が定めている利息と利息制限法の利息が大きく開きが発生してしまっているからです。つまりは消費者金融などの貸金業者のほとんどは出資法の上限利息である29.2パーセントぎりぎりで、貸付をおこなわれていたからです。取り戻そうと請求するのが過払い請求となります。

過払いが認められない場合も司法書士に相談

本当に過払いとして戻ってくる金額なのかわからない場合、認められる可能性が低い場合など、問題が出てきそうな時はしっかり相談を行ってください。弁護士や司法書士が、実際に回収できるかをチェックして、最終的な金額を提示してくれます。

認められない場合は0円となりますが、この場合も相談をしておけば債務整理などの依頼が出せる場合もあります。依頼を出しておけば、借金の減額も期待できるようになります。残っている借金が多い時には、先に相談をして額を計算しながら、過払いの状況をチェックすればいいのです。残っている金額は後からも対応できます。

過払い大阪は過払いの勉強

過払い請求の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都事務所・神戸事務所]
https://www.kabaraikin.com/ [多重債務の過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]
https://www.jikokaiketsu.com/ [交通事故慰謝料や賠償金などの交通事故相談]
https://www.bgata-kyufukin.com/ [B型肝炎訴訟、給付金]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払い金に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

弁護士・司法書士

ページトップへ戻る