過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

過払い金が発生する理由

過払い金が発生する原因は、借金に関して定めている法律が原因となっています。
借金の利子には法律で上限が決められています。

しかし、やっかいな事に利子に関して定めている法律は一つではなく二つあります。

そして、それぞれに定められている利子の上限額が違うためにこの様に過払い金の問題が発生してしまっています。

その問題に対して最高裁判所が違憲であり、過剰にとった利子を返還するようになりました。そのため、その後、過払い請求が 後を絶たず、消費者金融においてつぶれる企業も発生しました。

過払い金とはその金利差分の利子を返還するとるというものです。

過払い請求を行って余分に支払った利子を取り戻す

借金をしている人の多くは、支払いに関する不安を抱えている人が多いでしょう。無事に全額を返済する事ができるのか、日々不安な人は多い様です。

しかし、法律よりも更に多くの利子を支払っているのではないか、という不安を抱えている人もいます。そんな事あるのだろうか、と思うかもしれませんが、実際に過払い請求を行って余分に支払った利子を取り戻す事もできます。

以前は、利息については法律で定められているのですが、複数の法律が適応されており、複雑な部分もありました。

そのため、この様な事は比較的よく起こっていました。現在でも過払い請求を行う事で、金融機関に余分な利息を請求する人は少なくありません。

過払い金の問題に強い法律家を選ぼう

過払い金の返還をしてもらうことによって、様々な場面で多くのメリットを実感できることがあるため、まずは弁護士などの法律家に相談を持ち掛けることが有効です。 また、過払い金の具体的な金額については、それぞれの返済期間の長さや借入額などによって、大きな違いが出ることがありますが、いざという時に備えて、熟練のスタッフから助言を受けることが良いでしょう。

また、弁護士などの法律家の報酬額の相場は、それぞれの法律事務所の経営方針に大きく左右されることがあるため、早いうちから便利な情報をキャッチすることが成功につながります。

なぜ過払い金の返還請求ができるのか

2010年より以前に消費者金融からお金を借りて、それを支払い続けてきた人は、過払い金の返還請求ができる可能性があります。過払いとは、貸金業者に返済し過ぎたお金のことを言いますが、なぜこのような払い過ぎが起こるのかというと、貸金業者は2010年以前は利息制限法の上限金利(20%~15%)ではなく、出資法の上限である29.2%に合わせて、25%前後の高い金利をつけて貸し付けていたからです。

これをグレーゾーン金利といますが、2010年に貸金業法が改正されて利息制限法の上限金利を適用させなければならなくなり、過去に遡って高金利で返済していた分の返還を請求できることになったのです。

過払い金の特徴と過払金の計算方法

過払い金に関するトラブルを早期に解決したい場合には、将来的な様々な負担を軽減するために、定評のある弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることが大事です。 現在のところ、過払金の仕組みについて、様々なメディアで紹介されることがありますが、いざという時に備えて、より多くの経験者のアドバイスを参考にすることが良いでしょう。

また、過払金の返還請求をするためには、高額な費用が発生することがあるため、良心的なサービスが用意されている法律事務所に相談をすることがコツとして挙げられます。 その他、日ごろから過払い金の総額をチェックすることが欠かせません。

着手金不要の司法書士に過払いの相談

時には借金を返済中の人や完済して間もない人が司法書士の所に過払い請求について相談に来る事が多いので、経済的に困窮している人も中にはいると思われます。司法書士はそんな人でも過払いの相談がしやすい様に、最初に必要となる着手金を不要としている事もあります。

司法書士に過払いの相談をすると、最初に支払いを行う事になるので、厳しく感じる人もいるでしょう。司法書士に過払いの相談をする際には、着手金不要としている事務所を選ぶのもいいでしょう。また、司法書士に過払いの相談をして解決した後に支払いができるという場合には、気軽に相談できるのではないかと思われます。料金システムに注目しましょう。

過払い対応における司法書士の仕事とは

過払い金請求は、最近ではメジャーな案件となっています。ここまで広く知られるようになったのは、大阪や東京などの弁護士事務所における広告のおかげでしょうか。不景気の世の中、少しでも払いすぎたものを取り返したいと思うのは自然の流れと言えます。

しかしながら費用を少しでも安くしようと、司法書士に依頼する人もいます。司法書士が限られた業務であることを理解していればいいのですが、わからないまま依頼している人も多く存在します。140万円以内であれば対応をしてもらえますが、それ以上になると書類のみの対応になってしまいます。しっかりと利点を理解した上で依頼することが望ましいです。

司法書士や弁護士に過払い金の請求を依頼する決め手とは

貸金業者に過払金請求を行えるかどうか、又実際に行う際には料金が気になってきます。料金がクリアにできれば相談することができますが、依頼する料金や、実際に過払金があるかどうかもわからないので、専門家に依頼するのは容易なことではありません。

しかしながら、事務所によっては、過払い金請求ができるかどうかの調査を無料で、行ってくれる事務所もあります。大阪や東京などの都心部には多くの弁護士と司法書士がいますので、依頼するのに困ることはありません。しかしながら費用倒れになってしまうのは、非常に勿体ないことです。

過払い金に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る