過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

債務整理の前に過払い

債務整理では、過払い金がどれだけあるのかを最初に調べ、過払いが発生している場合は、過払い金返還請求を行って、過剰利息を取り戻す方法で、債務整理は行われていきます。

債務整理は、借金を整理する事を意味していますが、多くの人は過払いが発生している事が多くあり、過剰利息を取り戻す事で、借金の額が減額する事が多いのです。

また、弁護士などに依頼をして債務整理を行うことで、取立て行為が無くなると言うメリットや、処理が完了するまでの間の返済は停止されるなどのメリットがあります。

過剰利息を取り戻す事で、元金が減ると同時に、月々の返済は利息制限法の上限金利で行われるため、返済額が減るというメリットは大きいと言えるのです。

過払い金請求は個人でやるより弁護士に

インターネット掲示板などの情報を見て、過払い金の請求なんか個人が独力でできるものだと思っている人もいることでしょう。たしかに、方法さえ間違えていなければ請求することはできます。しかし、回収率に大きな差が出てきてしまいます。

貸金業者はあの手この手で支払額を減らそうとしてきます。それを阻止してより多くの過払い金を回収するためには、正確な法的知識や業者対応の経験が必要になってきます。また、仕事や家事などで忙しい人は煩わしい作業は全部プロに任せてしまうほうが時間や労力の節約になります。

そこで、過払い金が発生していると思ったら、まずは弁護士に相談してみましょう。あやふやなインターネットの知識などよりずっと信用できるはずです。

司法書士にクレジットカードの借金を相談できる

認定を受けた司法書士なら、クレジットカードの借金について相談ができることはもちろん、140万円以下なら任意整理の依頼もできます。140万円以下というのは、誤解をしている人が多いですが、借金の総額のことではなく、個別の借金のことですので、それぞれのカード会社への債務が140万円を超えていなければ任意整理ができます。

ショッピング枠も借金のうちですので、キャッシング枠と合わせた金額がどれくらいあるのかが重要です。司法書士によっては弁護士と同じくらいに債務整理についての経験が豊富な専門かも存在するので、クレジットカードの借金で困ったら相談をしてみるのがよいでしょう。

債務整理を弁護士に頼む時のポイント

借金が膨らんでしまい返済に苦しむ人もいますが、借金問題は家族や友人にも相談できない人が多く一人で悩みを抱えることが多いです。 借金問題を解決方法としては、できるだけ早めに弁護士に相談して債務整理をおこなうことです。

債務整理というと誰かに迷惑がかかるかもと思いためらう人もいますが、いろんな種類があるので気軽に相談してみるといいでしょう。 弁護士を選ぶ時のポイントですが、できるだけ債務整理を多く手掛けている所に依頼するといいでしょう。 実績がないと、交渉に時間がかかるのでその分費用も余計にかかることになります。

任意整理における債務整理の方法

任意整理とは、借主の任意によって借金を整理することです。債務整理の中でも、裁判所などの公的機関を通すことなく、債務者と債権者との間での交渉などによって、利息や月々の支払額などを減らし、借金額を圧縮させます。

現状のままの返済額には無理があり、収入を得ながら先々に借金を返していきたいという方には適した返済方法でもあります。大阪などの事務所では、借金の返済額が話し合いによって変更してもらえるという特徴もあります。複数の法律に基づく正式な判断が関係するため、利息額にも変更が生じる他、債務者にとって現実的な返済計画が立てられるでしょう。

任意整理などの債務整理とは

インターネットの普及により、クレジットカードを所有する人が急増しています。そのなかで返済できない人も出てきていています。そのような際に法的に解決していくことが得策となり、債務整理の方法が有効な方法になってきます。

債務整理の中には任意整理の方法があり、任意整理は貸金業者との示談交渉を行う手段となります。又、貸金業者にとっても元本は戻ってくるので、交渉に応じてくれる会社は多く、弁護士とのやりとりで納得してくれるケースがほとんどとなります。自分がどのような方法において返済していくかは、専門とする弁護士に相談をしながらすすめることが大切です。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

債務整理に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る