過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

自己破産などの借金相談は弁護士、司法書士

借金返済が難しいので、弁護士か司法書士に自己破産を依頼したいとお考えの方へ、自己破産は新しい第一歩のきっかけにもなりますが、その前に、本当に借金が返せないかどうか再検討しましょう。

まず借金の総額を、毎月の収入から、生活にかかる諸経費を差し引いた金額で割ってみます。この金額が、3年間かかっても返却できない場合や、売却できるものをお持ちでない場合は、自己破産を検討してください。

逆に、この計算で、何とか返せそうな場合、売却できるものをお持ちの場合は、他の債務整理をお勧めします。家賃や住宅ローンを差し引いて、単身者で15万円、家庭のある方は20万から25万円が生活ができる基準といわれています。

司法書士に依頼される場合も、自己破産のみならず、他の債務整理が可能か否か確認されるのがいいでしょう。

家族に迷惑をかけない債務整理のメリット

「借金の負担を減らしたいけど、家族に迷惑がかかるから自己破産はしたくない」という人にオススメなのが、債務整理と呼ばれる手続きです。債務整理は借金そのものを帳消しにするものではありません。借入業者に借金の減額・分割払いをお願いして、負担を減らしてもらうものです。

自己破産と違って社会的信用を失うことなく、金銭的負担のみを減らすことができます。手続きを行った事実が公になることはありませんし、財産を没収されないので家族を困らせずにすみます。手続きを行うには法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼して、話し合いの場を作ってもらう必要があります。

恋愛相手から借金相談を受けたなら

恋愛している人から借金相談をされたならどうすれば良いでしょうか?それは、まずは冷静になって考えることです。借金の額にもよりますが、相手から「すぐに返すから少しだけ貸してほしい」と言われたなら、いくら自分が好きな相手であっても、すぐにお金を貸さないようにすることが賢明です。

自分が何とかしたい、少しだけでも手助けしてあげたい、という気持ちが決して悪くはありませんが、一呼吸置きましょう。そして、信頼する人や親もしくは借金相談の問題を取り扱っている弁護士や法律事務所などにはやめに相談するようにしましょう。

自己破産を進めるための借金相談

多額な債務を抱える場合、大阪などに位置している弁護士事務所や関連機関では、借金相談が取り扱われており、相談を持ち掛けることで問題解決への近道となります。また債務整理を進めるにおいて、他の手段を利用しても返済の見込みが立たない時、地方裁判所への申し立てを行って自己破産の手続きが進められます。

残りの借金については残額がなくなり、支払い義務から逃れられるものの、一定財産を手放さなければならなかったり、個人信用情報に関わるクレジットカードなどへの申し込み、さらに就労に関する資格制限などが設けられてしまいます。

借金相談について

文字通り「借金の相談をする」ということです。
相談する相手は弁護士か司法書士になりますが、どんな案件でも扱えるのが弁護士、金額や内容によって扱えるものに制限があるのが司法書士です。

その費用は1時間ごとに決められているのが一般的ですが、最近は初回相談無料などの事務所も多く見られますので、そういうところに電話してみるのが一番だと思います。

借金は一度してしまうとどんどん膨れて行くものです。

結果的には自分の収入では賄い切れず、お金を借りて別のところに返済し、またお金を返す為に別のところからお金を借りるという悪循環になりかねません。

こんな金額でなどと思わずに、厳しいなと思ったらすぐに相談するようにしましょう。

司法書士に借金相談できるケース

借金相談は、司法書士か弁護士に相談することができます。任意整理で債権額が140万円以下の場合は司法書士に相談できます。債権がいくつもあって総額にすると140万円を超える場合でも、個々に見ると140万円以下なら相談可能です。

裁判に代理人として出廷するのは弁護士に限られています。債務整理をどのようにおこなうのか、まずは身近な事務所に相談するといいでしょう。無料相談会を実施している場合もありますから、依頼するか決めていなくても自分のケースについて訊ねてみると最善策や対策のヒントを与えてもらえるでしょう。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

借金相談を司法書士に相談することに関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る