過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

司法書士に自己破産を頼み借金をなくす

裁判所に、借金の支払が不可能と認められれば、司法書士や弁護士に頼んで自己破産できます。ローンが組めない、官報に載る、一定の仕事につけない、などデメリットは、ありますが、浪費やギャンブルで作った借金でなければチャラになるのです。

だからといって簡単に自己破産すればいいのでしょうか。現実には、苦しくても思い留まってしまう人の方が多いのではないのでしょうか。

自己破産は、病気やケガなど働くことができず、どうやっても返すことができなくなり、あまりに督促が激しく、自殺まで考えるくらいでないとできない、最後の手段なのかもしれません。

自己破産をすると官報に載る

自己破産をすると、開始決定を受けたときと免責決定を受けた時の計二回、官報に債務者の個人情報が載ります。氏名だけではなく住所も載ります。そして、官報はだれでも見ることができますし、一定期間はインターネットで無料で見られます。

また、お金を払えば古い物でも閲覧できます。そのため、自己破産をしたことは外部に漏れてしまいます。職業上どうしてもそれは避けたいという方は、弁護士に借金相談をするのがおすすめです。債務整理の方法など、別の借金問題解決方法はあるため、相談者に可能な代替案を提示してもらうことができます。

自己破産の借金相談で過払があるケースとは

基本的に借金をゼロにする方法は自己破産だけですが、例外として過払返還によりゼロにできるケースもあります。 最近のキャッシングやカードローンは該当しませんが、グレーゾーンが認められていた時代から借りている方には過払が発生している可能性が高いです。 18.0%を超える金利で借りていた方なら、支払った超過分の利息を回収できるかもしれません。

自己破産の借金相談をしたときにグレーゾーン金利での借入を指摘されて、その分を回収して借金をゼロにした方は少なくありません。 借金相談をしてはじめて気づく方は多いので、早めに相談をすることをおすすめします。

自己破産のための借金相談は債権者にも行う

不景気の影響で自己破産を余儀なくされる人がいますが、1つだけ重要なことに注意しなければなりません。弁護士に借金相談をすれば解決できると思っている人も多いですが、弁護士に依頼したら自己破産できるというわけではありません。

借金があるということは必ず債権者がいます。できれば借金を返済してほしいというのが本音ではありますが、弁護士の交渉によって自己破産をして返済義務を放棄できます。その際、債権者に対して自身も誠意を見せなければ交渉もスムーズにいきません。借金相談をした弁護士に任せっきりではなく自らも動くことは非常に大切です。

会社員の自己破産の手続きと司法書士の活躍

会社員が自己破産の手続きを進めるためには、司法書士をはじめとする法律家に相談を持ち掛けることで、金銭的な負担を最小限に抑えることができます。 近頃は、司法書士が対応できる自己破産の手続きの範囲について、数々の法律事務所の公式サイトやパンフレットなどに掲載される機会が増えており、短期間のうちに便利な知識を身に着けることが肝心です。

そして、各地の法律事務所の報酬額の相場やアフターサービスの内容などに目を向けることによって、多忙な毎日を過ごしている会社員にとって、すぐに安心して行動をすることが可能です。

自己破産のための借金相談とは

任意整理や民事再生など、借金問題を解決させる方法は複数存在していますが、どの手段を利用しても完全に返済することが困難な場合、自己破産という方法が用いられます。地方裁判所へ破産の申告をすることにより、借金が帳消しになるといった仕組みです。

財産を所有している場合は手放すことになってしまうものの、借金を抱えて大きな悩みを持つ方にとっては、自己破産を実現させることによって、多重債務などのストレスから解放されることとなります。また、大阪を中心に、弁護士などの専門家が在籍している専門機関も多く、無料での借金相談も取り扱われています。

自己破産に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る