過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

過払い請求の現状

過払いの請求方法は、まず債権者から支払いの全履歴を取得する必要があります。
その全履歴から、再度、利息を計算し直し、過払いの金額を割り出し、払い過ぎた金額を請求し、返還してもらいます。

この請求方法は示談による場合と裁判所での訴訟提起による場合があり、訴訟での請求が確実に手続きが進んでいく確率が高いのが現実のようです。

示談では、過払い請求に応じないような業者もあり、交渉が進みにくいという報告もありますので、どちらの方法で請求するにせよ、スムーズに行かないようです。

また、トラブルになることも少なくないため、弁護士などの専門家に依頼するのが堅実という見方もあります。

過払い請求を起こし、過払い金が戻ってくるのは、早くて約2ヶ月、通常だと、約6ヶ月から1年ほどです。

ですが、1年以上のかかっているケースもありますので、すぐに返還とはいかないようです。

過払いについて

過払いについて詳しく説明します。
10年という時効を過ぎていなければ、過払い請求の手続きを行う事ができます。

たとえ、返済をすべて終了していたとしても可能です。ただ、すべての返済が終了している場合にはすべての過払い金は振り込まれるなどして自分の元に戻ります。

返済中であれば、残りの返済に優先的に使うのですが、返済をすべて終了している場合にはその様な必要はありません。

しかし、手続きを行ってもすぐに振り込まれる分けではなく、時間がかかる事もあります。ですので、金銭的に厳しいからと言って過払い金は頼りにできないかもしれません。

もし、とっくに返済が終わっている人でも思い返してみて過払い請求ができそうなら手続きを行ってみてはどうでしょうか。クレジットカードなら思い当たる人も多いでしょう。

司法書士に過払いを相談

思っていたよりも簡単にできる、と言われる事があるみたいですが、やはり高い壁にぶつかってしまい過払い請求を断念してしまう人もいる様です。裁判と行うとなると大変だと感じる人が多い場合、また完済後かなりの時間が過ぎている場合、発生している金額がそれほど多くはなく手間をかけてまで過払い請求を行うのは面倒だと感じている場合、自分の正確な金額について把握できていない場合、また以前はブラックリストに掲載される際のデメリットが気になって過払い請求を行う事ができないなど、いろんな事が考えられます。

他にも、常に全額払い戻してもらう事ができない場合があるというのも考えられるでしょう。

過払い請求における司法書士と弁護士の違い

過払い請求には時効がありますので、お早目にご相談ください。

弁護士も司法書士もどちらも法律に深く関連する仕事です。そして、中には同じ仕事を行う事もある様です。しかし、異なる点もあります。その一つがお金に関連する案件を扱う時です。

弁護士は基本的にどんな案件でも扱う事ができます。しかし、司法書士はどんな問題でも扱う事ができるというわけではなく、扱える案件に制限があります。金額における制限があり、140万円を超える案件は扱う事ができません。お金に関する問題の中で多いのが借金に関する問題ではないでしょうか。

借金に関する問題においても司法書士は140万円を超える場合には扱う事ができません。また、相談する時にもその事を考慮して相談したいですね。

グレーゾーン金利を過払い金返還請求

もし、自分の借金がグレーゾーン金利となっている場合には、過払い金返還請求を行う事によって、その部分の利子を返済してもらえる事もあります。人によっては過払い金返還請求できる金額がかなり高額に至る場合もあるそうです。

その一方で過払い金返還請求は全員ができるという分けではありません。グレーゾーン金利が発生していないという場合には、もちろん過払い金返還請求を行う事はできません。また、過払い金返還請求というのは一定期間内であれば、すでに返済が終了している場合にも手続きを行う事ができます。これまでの自分の借入について思い出してみると、該当している借入が見つかる事もあるでしょう。

弁護士に聞いた過払い請求とブラックリストとの関係・・・

過払い請求をするとブラックリストに載るという噂があります。リスト掲載後は借入れが難しくなってしまうことから請求を躊躇してしまう人も少なくはありません。

しかし、この噂は実際に存在していましたが、過払い金自体が債務者の過失ではないとして平成22年4月より廃止されました。廃止以前に請求をして掲載されていた債務者の情報についても削除されていますので、これからは気兼ねなく請求をするといいでしょう。

とはいえ請求にも時効がありますので、大阪府や千葉県などで過払い請求を検討している方は早めに弁護士に相談してみてください。

過払いにおける弁護士と司法書士の違いとは

以前、貸金業者で借りていた借金を完済し、払いすぎてしまった可能性がある場合には、過払金請求が有効となります。法律的に言えば十分な額で元本の返済を終えていれば良いとされています。この過払い金の請求を行うのに、弁護士や司法書士の先生に依頼することができます。

大阪や東京には多くの事務所がありますので、それぞれ尋ねてどちらが自分にあっているかを見極めることが重要となってきます。決めるまで時間がかかってしまうかもしれませんが、大切なことでもありますし、しっかりとした情報を掴むことは非常に有効な手段であると言えます。

司法書士へ相談したい過払い

債務を抱える方の中には、多額となってしまった結果として返済に悩む方や、長期間の返済に疲れてしまう方も多く存在していることでしょう。借金額を返済する際や、債務整理を行う場合などに併せて気にしておきたいのが、過払いの有無です。

長期間に渡って借金の返済を行ってきた場合、借入先となる金融業者などへ対し、利息分を多く支払いすぎていたというケースがあります。弁護士や司法書士が在籍する専門機関は大阪などの都市部に数多くあり、過払いに関する相談業務が取り扱われています。無料での相談が行えることも多く、気になった時には相談してみるのが良いでしょう。

過払い金に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る