過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

債務整理の選択肢

以前はよく債務整理イコール自己破産だと思っている人もいた様です。

確かに、債務整理の中に自己破産もありますが、選択肢はそれだけではないという事です。それは最も深刻な場合に適応される解決方法であり、軽度な場合には別の手段を選択する事がほとんどでしょう。

これくらいで手続きをする必要はないだろう、という事で後回しにしていると本当に自己破産しか方法がなくなってしまう事もあります。

ですので、問題が表面化しない間にいかにして解決しておくかという事がカギになってきます。

その時点では危機意識を持っている人は少ないかもしれませんが、解決するポイントはいかに早期に対処するかという事ではないでしょうか。

借り入れの情報が分からないときの債務整理

債務整理の過払い請求を行うときには、いくつかの書類が必要となることがあります。

そもそも、債務整理を行うわけですから債務がどれくらいあるのかを知らなければなりませんし、また過払い請求をするために、どれくらいの過払い金が発生しているかを計算するためのデータは必要です。

自分でこれらの書類を集めることもできなくはありません。すべての記録を残しているのなら、それらの情報を知ることができるでしょう。

もしも借り入れの情報が分からないときには、金融会社に対して開示請求を行うことによって取引履歴を知ることができます。

借金相談に関する手続きについて

借金相談に関しては、苦しい状況を打破するための債務整理という方法があります。債務整理としては、任意整理、民事再生、自己破産といった主に三つの手段が取り上げられます。また、借金を返済する際に払い過ぎた利息の返還請求ができる過払い金返還請求という手続きもあります。

重要なポイントは、借金の額などを勘案し、自分の状況に合った方法を選択することです。自分の苦境を改善できる方法を選び、一日でも早くその苦境から抜け出し、前途ある将来に向かって気持ちを高めていく必要があります。そのためには、借金相談に関する知識を集め、優秀な専門家に依頼することが大切です。

債務整理の相談を弁護士にすると不安を解消できる

債務整理の相談を弁護士にすると、高い確率で不安を解消できるでしょう。借金で悩んでいる人は、正式に依頼をするかどうかは別として、相談だけでも受けてみましょう。債務整理に強い弁護士なら、相談だけなら無料であることも多いです。

場合によっては、過払い金請求をすることでデメリットなしで借金問題を解決できることもあります。成功報酬のほかに、着手金がかかることもあるので、場合によってはメリットがあまりないということもありますが、本当に悩んでいる人の場合、債務整理をすることでメリットが出る可能性のほうが高いです。まずは無料相談を受けてみて、不安を解消しましょう。

誰でもわかる任意整理と債務整理

親戚や家族、友人がなくなったときや、失踪したときその方の財産の整理は誰が行うのでしょうか。あなたの親しい方がいつ亡くなられるかなど、だれにもわかりません。そこで私たちは、今から任意整理、債務整理について学習する必要があるのです。

この財産の管理について大阪では様々な法律が定められており、素人がすぐにできるものではありません。しかし、今すぐに学習しておけば、いざというときに役に立つのは間違いありません。たとえ、弁護士や司法書士などその道の専門家に頼めばよいことでも、自分でできることに越したことはありません。

任意整理で債務整理をした方がいい人

もしあなたが沢山の金融会社から借金をしているような状況(いわゆる多重債務)になってしまっているのであれば、債務整理・任意整理をオススメします。多重債務を抱えてしまっている人の多くは「今月この業者に返済できないから、この業者から借りて返済しよう」といった状況になってしまうことが多いようです。

そういったことを繰り返していてはいつまでたっても借金を減らすことができません。そういった際に助けてくれるのが任意整理で、自分がいくらだったら他の業者からお金を借りずに返済していくことができるのかということを見直すことができます。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

債務整理に関する記事

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

ページトップへ戻る