過払い請求は自身でも請求を行うことが可能です。ですが、金融業者との間で請求のトラブルとなるケースも多いのが現状です。弁護士や司法書士は過払い請求業務を行うことができます。確実に、解決をするのなら、弁護士などに相談することが近道です!

確実に過払い金を返してもらいたい

2006年に「グレーゾーン金利を違法とし、債務者にその分は返還せよ」と最高裁が判決をしたことで、今まで支払った利息が定められた額よりも多く支払わされていたことが発覚し、この過払い金を取り返すことが可能になりました。

ですが、現状はなかなかスムーズに返還とはなっていないのも現状です。

少しでも、確実に過払い金を取り戻すためには、弁護士などの法的知識と交渉力が必要となります。
利息制限法に違反して請求された、金利ですのでやはり、しっかりと取り戻したいですね。

弁護士の借金相談と過払い金の特徴とは

過払い金の限度額の特徴について興味を持っている人は、各地に大勢いるといわれています。特に、借金相談の依頼先を見つけたい場合には、各人の経済的なトラブルの内容に応じて、しっかりと情報収集をすることが肝心です。

現在のところ、弁護士や司法書士などの専門家のサポートを希望する人が増えてきていますが、なるべく多くの人の体験談をチェックすることがおすすめです。中でも、多額の借金を抱えている人であれば、将来的な負担を軽減するために、様々な手続きを取る必要があるため、プロにきちんと助言をもらうことが望ましいといえます。

大阪で過払い請求をするならどこがいい?|弁護士?司法書士?弁護士事務所?

大阪で過払い請求をするなら弁護士が在籍している事務所を選ぶことで、有意義なアドバイスを受けることが可能です。特に、おすすめの相談先の選び方について知りたいことがあれば、大手の情報誌などに掲載されているランキングの順位に注目をすることによって、理想的な契約プランを決めることが可能となります。

また、過払い請求の時期について迷っていることがある場合には、多方面の専門的な知識を有する弁護士に相談を持ち掛けることによって、多忙な毎日を過ごしている人であっても、いつでも冷静に対策を立てることが可能となります。

自己破産の書類と司法書士、弁護士の見つけ方

自己破産の申請を考えている人は、日本中に大勢いるといわれていますが、スムーズに書類の記載をするために、弁護士や司法書士などの法律の専門家にアドバイスを受けることがとても有効です。

現在では、メールや電話などで相談を受け付けている法律事務所が増えてきており、何時でも納得のゆくまで話し合いをすることがおすすめです。特に、借金のトラブル、自己破産を早期に解決するためには、複数の借入先の担当者とコンタクトを取ることが必要となります。そこで、まずは早いうちに実績のある弁護士や司法書士の活躍ぶりに着目をすることが良いでしょう。

借金相談をすると和解したり過払い金が戻ってきます

借金相談が可能な専門職に司法書士と弁護士があります。様々な債務整理の方法がありますが、その中で1番手軽な方法に任意整理による和解という方法があります。この方法だと通常支払う将来利息をカットして、元金と現在かかっている利息を分割払いで支払います。

専門職に任意整理を依頼すると利用者の元まで届いていたクレジットカード会社の督促が司法書士や弁護士に届くようになります。将来利息がかなりカットされるので支払い総額がかなりやすくなります。

信用情報登録機関に登録されるので、その情報が削除されるまでは新規のクレジット契約は難しくなります。過去に払いすぎた過払い金がある場合も専門職に依頼するとかえってくる可能性があります。

任意整理を弁護士に依頼するとかかる費用

任意整理によって自分自身の借金、債務を整理する場合は、多くの人が弁護士に代理人になるよう依頼した上で手続きに臨みますが、その際には様々な費用の支払いが必要です。 任意整理を弁護士に依頼するとかかる費用には、受任した段階で支払わなければならない着手金、債務整理に成功すると発生する成功報酬、債務の減額に成功した場合に発生する減額報酬、過払い金の返還に成功すると支払わなければならない過払い報酬があり、これらに実費を加えた合計金額が最終的に弁護士に対して支払う料金となります。

個々の債権者を相手に交渉していくことになるため、1債権者あたりの任意整理の料金は、他の債務整理の方法をとった場合より安くなるケースがほとんどです。

過払いしてしまった際の司法書士の業務とは

近年、多く見られる過払い金訴訟ですが、昔はあまり知られていない制度でした。近年は弁護士が増え、仕事が減ってきてこうした個人に対しての案件内容が多岐に渡るようになってきたからです。そこでテレビのCMや雑誌の広告などに弁護士事務所が掲載されるようになりました。

そして多くの人が知ることとなり、過払金におけるニーズは高くなった時期がありました。最近は落ち着いてきていますが、稀に司法書士が過払い金の依頼をされるケースもあります。そのような際には140万円以下であれば対応してもらえます。大阪や東京に事務所が多くありますので、まずは問い合わせをしてみることです。

過払い金請求を司法書士に依頼する時の注意点

過払い金の請求を司法書士にお願いすると自分の手間をさくことができますし、依頼をしてもそこまで高額な費用を取られる訳ではないのでとても便利です。しかし気をつけなければならないことが一つだけあり、それが司法書士には返金を請求できる限度額があるということです。

いくらでも請求できる弁護士とは異なり、140万円までしか請求することができません。140万円をオーバーしてしまっている人はそもそも依頼自体することができません。大阪などでは電話で無料相談をおこなっている所が数多くありますので、まずは自分にはどれくらいの過払い金があるのかを確認することが大切です。

最初は電話で債務整理の相談

相手の弁護士がどんな人なのかよくわからない状態で、面談のために初対面した弁護士に債務整理の相談を持ちかけると、自分と少し話がすれ違ってしまうなどということもあるかもしれませんね。そんな時に断りにくいという事も考えられます。

そんなことにならないために、まずは債務整理の相談をする時には電話などで間接的に連絡を取って、一度話をしてみてはどうでしょうか。

良さそうと思えば、実際に債務整理の相談を行うのもいいかもしれませんね。

不安があるのであれば、最初は電話でコンタクトを取るのもいいでしょう。

最初の相談費用は無料で行ってくれるところもある様です。少し話をすると安心できるのではないでしょうか。

借金の返済で苦しんでいるなら債務整理をしよう

近年格差社会が更に拡大し、生活を維持するために借金を繰り返し、多重債務で苦しむ低所得者も多いです。年収300万以下の場合は、3000万人に該当すると言われています。賃貸に暮らしている場合、家賃と食費と借金の返済で殆ど消えてしまうため、自転車操業状態になることも珍しくありません。

また、中高年で一人暮らしだと、親兄弟とも疎遠の人が多く、相談出来る人もいないのが現状です。クレジットカードを活用して生活を保っている人もいますが、支払いが遅れると利用停止になり、生活費をカバーできなくなってしまうので、生活は更に苦しくなります。そんなときは債務整理をして、借金の返済計画を見直しましょう。

債務整理はデメリットを知ることも大事

債務整理を検討する場合のネックやデメリットとしてあげられるのが、官報への掲載や仕事への影響、信用情報についてなどです。年金受給の失効や戸籍情報への記載については噂であり、実際はありません。債務整理を行うきっかけとなる理由に、複数の金融業社からの借金による多重債務があります。

過去に精算した分の金利を計算し直すことでお金を返還してもらうことも場合によってはできますが、借金の額が多ければ多いほど、民事再生や自己破産を行わなければならない可能性が高くなります。先にあげたデメリットも十分に考慮して検討することが大事になります。

債務整理についての説明

債務整理は、自己破産、個人再生、任意整理の3つのことを言います。自己破産は債務が全てなくなる代わりに、住宅や車など全て手放さす必要があり、個人再生では住宅は残せますが債務の5分の1を3年で支払う必要があります。

任意整理では必要な財産は残せますが、大幅な債務の減額は見込めないなどのデメリットもあります。また、個人再生および自己破産の後は、一般的に5年から7年程度、任意整理でも3年から5年はカードを作ったり、借り入れやローンをすることができなくなることを覚えておくとためになります。多重債務で困っている方は弁護士に相談して、自分にあった債務整理を見つけてみるのもいいでしょう。

債務整理の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都事務所・神戸事務所]
https://www.kabaraikin.com/ [多重債務の過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]
https://www.jikokaiketsu.com/ [交通事故慰謝料や賠償金などの交通事故相談]
https://www.bgata-kyufukin.com/ [B型肝炎訴訟、給付金]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

過払い金を返してもらう

債務整理について

自己破産について

借金相談は司法書士へ

弁護士・司法書士

ページトップへ戻る